このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

株式会社SANKO – 岡山県南を中心に高気密高断熱、省エネルギー、太陽光発電で快適な住まいを提案する地元工務店です。

高気密高断熱 岡山 注文住宅
お問い合わせ/高気密高断熱住宅

断熱材も重要です。

SANKO 丹生昌憲(にぶまさのり)です。

5月です。。急に暑くなりました。。私、にぶ のスタイルは早くも半袖です。(^O^)

本日は断熱材について語らせて頂きます。

断熱材と言っても、グラスウール ロックウール セルロース ポリスチレンフォーム ウレタンフォーム フェノールフォーム 等 いろいろ有り、特性も様々です。

断熱材は厚けれなイイというものでもなくて、材種により断熱性能、結露や劣化収縮、火災、価格等。。問題は山積しております。どの断熱材をどの部位にどのような施工を施すかが、重要だと考えます。

☆熱伝導率で比べると 
フェノールフォーム         0.019W/m・K
硬質ウレタンフォーム2種2号   0.024W/m・K
押出ポリスチレンフォーム3種   0.028W/m・K
住宅用ロックウール         0.038W/m・K
ビーズ法ポリスチレンフォーム3号 0.040W/m・K
住宅用グラスウール10K       0.050W/m・K

一番熱伝導率が低い(断熱性能が高い)のがフェノールフォーム。

☆結露に強いのは
フェノールフォーム、硬質ウレタンフォーム、押出ポリスチレン、等のプラスチック系断熱材。

☆劣化収縮に強いのは
フェノールフォーム、ロックウール、グラスウール。

☆火災に強いのは
フェノールフォーム、ロックウール、グラスウール。

高性能で結露、劣化収縮に強くて、火災に強いのがフェノールフォーム。。
しかし、イイこと尽くめではない。。他断熱材に比べて価格が割高。。

フェノバボード60mm私達 SANKOの家 では フェノールフォーム で家全体をスッポリ覆う外断熱工法で家を建てさせて頂いております。高性能で結露、劣化収縮強く、燃えにくい。しかも柱間断熱(内断熱)でおきる熱欠損がおきません。そう、外部から家を守る、まさにシェルター。。( ´∀`)
GE DIGITAL CAMERA↑フェノールフォームで外側から包まれた玄関先。

GE DIGITAL CAMERA↑フェノールフォームで家全体を貼り終えた様子。

私 にぶ が持っている断熱材で厚さ60mmです。この厚みで壁も屋根も仕上げると効果的ですが。。価格は高い。。しかし、建築時にコストをかけておくと住んでからの冷暖房費がグッと節約できますし、家全体をスッポリ断熱することでヒートショックが起きにくく家全体が一定の温度に保たれます。どれだけ体に優しいか。。(=´∀`)

※(ダブル断熱でフェノールフォーム厚を薄くできる方法もあります、劣化しない気密工事が出来ていることが前提となります。)

長く家族と住まう家、建築費も重要ですが。。経済性や健康面も考慮するとどちらがお得か?? アナタならどう考えますか。。

これからの住まいづくり勉強会開催します 5/24(土)5/25(日)

ネットゼロエネルギーハウス支援事業補助金350万円・住宅のゼロエネルギー化推進事業165万円 受付中!

岡山で太陽光発電と高気密外断熱の注文住宅を専門に手がけるSANKOの家

高気密高断熱、高気密外断熱住宅 専門店

岡山県南を中心に高気密高断熱、省エネルギー、太陽光発電で快適な住まいを提案する地元工務店です。

〒700-0821 岡山市北区中山下1-7-16 086-235-5333