このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

株式会社SANKO – 岡山県南を中心に高気密高断熱、省エネルギー、太陽光発電で快適な住まいを提案する地元工務店です。

高気密高断熱 岡山 注文住宅
お問い合わせ/高気密高断熱住宅

感動産業スタート

「SANKOの家」代表 丹生昌憲(にぶ まさのり)です。

先日「邑久町の家」Mさま と請負契約を締結しました。

Mさまは寒くなく、暑くない、そして光熱費を抑える事が出来る、高性能な家で子育てをしたい!と家づくりを検討され始めました。出会いは昨年のまだ暑い頃でした。

家をつくる事は決めていたものの、建築地がなかなか定まらず計画がスムーズに進まなかったのですが、紆余曲折を乗り越え、建築地が決まり、いよいよ着手出来る状態に!

今までの事を思い起こしながら、「これからもよろしくお願いします!」Mさまと硬い握手を交わし。。
お互いにかなり感動し。。記念に一枚!(許可を得てUPしております。(^_^;) )

正富様契約3

最後に家族一緒に記念撮影。Hくんも満面な笑。

正富様契約2これからMさまと"感動の家づくり"がスタートします。

Mさま もっと×2 ご期待下さいませ。もちろん!ご期待以上の仕事をさせて頂きます。
(=´∀`)

【Mさま邸スペック】
①超高気密外断熱仕様(無垢材をふんだんに使用した完全オーダー型注文住宅)
②省令準耐火
③長期優良住宅、設計性能評価
④H26度地域型住宅ブランド化事業(補助金)

岡山の超高気密外断熱注文住宅専門店

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」特別優秀賞受賞

 


SANKOの週末は 打ち合わせDAY!

「SANKOの家」代表 丹生(にぶ)まさのり です。

先週末は家づくり相談や打ち合わせ。。

週末は、ほぼ予約を頂いたお客様と打ち合わせやプレゼンDAY。。

過去に我が社で家を建てて頂いた、お客様のおうちを見学したり、

20150308-2
お住まいのアパート等に出張しプレゼンをしたりします。
20150308今回はH27年度補助金概要の説明及びプラン打ち合わせでした。
次年度の話をすれば鬼が笑いますが、
平成27年度の補助金は高性能住宅で要件を満たせば
130万円~165万円 程 受けれる様であります。
(公募機関や制約がありますので注意)

20150308-1今回のプランは↑
回遊性があり水廻りの動線もよく
何よりご要望がギュッと詰まって、夢があります。(( ´∀`)

「SANKOの家」では補助金の説明会を随時行っております。
お気軽にお問い合わせ下さいませ。(笑顔)

以上、週末の動きでした。

岡山の超高気密外断熱注文住宅専門店「SANKOの家」

HOUSE OF THE YEAR IN ENERGY 2014 特別優秀賞受賞


銘木編(其の二 皮剥き)

「SANKOの家」代表取締役 丹生まさのり です。

前回は銘木仕入の様子を御紹介させて頂きました。
今回はそのあとの皮剥きの様子。

先ず、銘木を一枚づつ並べて。。

皮剥き開始20150215

皮を剥いていきます。なかなかしっかり付いていて、剥ぎ取るのにひと手間です。
しかし、この作業を早くしておかないと、知らないうちに虫の幼虫くんに食べられて、
穴だらけになってしまう。。要注意です。

皮剥き中20150215作業終了した銘木。↓栗
20150215栗サクラ↓20150215さくらもう少し寝かせて、含水率を計り、OKなら現場へ。
大工さんが 磨き 削り 仕上げ て行きます。
仕上げには1枚1人工の手間がかかります、しかし、仕上がりは最高♪です。

この可愛い銘木が現場で仕上がった様子は後日、ご紹介します。(( ´∀`)

岡山で超高気密外断熱の注文住宅専門店「SANKOの家」

ハウスオブ・ザ・イヤー・イン・エナジー特別優秀賞受賞 


お気に入りの銘木(仕入編)

「SANKOの家」代表 丹生(にぶ)まさのり です。

寒さも緩んでくれればイイのですが、春はもう少しの様ですね。
さて、先月、久しぶりに銘木を仕入れに行って来ました。

最近は目が肥えているのか。。つい好みの銘木が目に入ると。。「欲しい!」「イイ!」となってしまします。。

IMG_4240

今回も来月に来る視察程度で思っていたのですが。。
結局、トラックに乗り気ならない程に仕入れていましました。
藤原棟梁と材木屋さん社長が工夫して積み込んでくれるのですが、、
過積載になりそうで。。

IMG_4269材木屋の社長さんのトラックに積みきれない分を乗っけてもらう事になりました。(^^;

IMG_4272 しかし、満足感はありありで、つい記念撮影。( ´∀`)IMG_4274

今回 にぶ のお気に入りは 「ブラックウォールナット」 と

IMG_4261

↓チェリーです。

IMG_42663枚とも事務所に展示したかったのですが、重量とサイズ的にチェリーは残念ながら展示出来ず。。(ー・ー)

今回仕入れた銘木のほとんどが、皮剥きをして、乾かして、建築中の家に使用できるのは役2年後です。。手間暇かかります、置く場所も要ります、管理が必要です。

が、本物はイイ! イイ~♪ イイ~♪♪

事務所に2枚のブラックウォールナットは展示しておりますので、ご興味のある方はお気軽に見学下さい。丹生が自慢げに説明しますから。(笑)

        岡山で超高気密外断熱住宅専門の「SANKOの家」

HOUSE OF THE YEAR IN ENERGY

三方よしの家づくり

「SANKOの家」 代表 丹生まさのり です。

今日は我がSANKOの家づくりに対する理念を御紹介します。

理念三方よしとは「売り手よし」「買い手よし」「世間よし」

エコロジーな超高気密外断熱のこだわりを持った家づくりを通じて、我社もお施主様も心身共に幸せになり、尚、環境にも貢献できると言う事です。

「己に勝ち」 自分でありSANKOスタッフが家づくりに対して目標を持ちチャレンジし超えていくことであり、

「絆を育み」 SANKOスタッフと家を建築頂いた又建築中の御施主様との絆を育てると言う事で、

「共に発展」 SANKOスタッフと御施主様と家づくりを通して一緒に広がり、幸せになりたいと言う事です。

SANKOはこの理念に基いた家づくりに邁進します所存ですので、どうぞよろしくお願い致します。

超高気密外断熱工法を用いた注文住宅専門店「SANKOの家」

 


「藤井の家」完成模型

 

ほんとに寒くなりました。。寒い日にはやはり超高気密外断熱の家で快適に過ごすのが一番身体に優しいと思う SANKOの家 代表 丹生(にぶ)です。

さて、「藤井の家」ですが。。

いろいろな事があり、やっと着手となりました。

完成予想模型↓

nisizaki01棟上げは1月下旬にずれ込みそうでありますが、工事が始まる事が楽しみに待って頂きました御施主様の為に、スタッフ総力を上げてつくり上げる所存であります。

ちょうど工事現場が新幹線から見える場所となっております。東京に新幹線で行かれる際は岡山駅を出発して直ぐに左側を注視されれば見えるかも(笑)

では。。寒いですが、今日も元気に行きましょう!

岡山で高気密外断熱の注文住宅を手がける「SANKOの家」


「藤井の家」解体準備段階

SANKOの家 丹生まさのり です。

藤井の家 御施主様が家族総出で解体前の家財道具の撤去を行いました。

何十年も眠っていたモノがたくさん。。片付けている姿を横目で見ながら、家族の歴史の様なモノを感じ、ジ~ン と来ました。

解体前処理後

さて、電気移設も終わり、水道の移設の開始です。古い菅は長い歴史のうちにコンクリートに隠れて探し当てるのが大変です。お施主様に記憶を辿って貰いながらコンクリートをハツリます。

解体前水道処理2

水道管発掘し、元を切り離します。水道は解体時に埃がたたない様に散水するのに必要ですし、工事用の仮設水道としても使用します。解体前水道処理1新しい新居が建ったら、お役御免となり、新しい水道管を埋設します。さあ、いよいよ解体工事スタートです。次は解体工事屋さんにバトンタッチです。順調に藤原棟梁の監督の元で「藤井の家」新築工事は進んでいきます。

 

岡山で太陽光発電と超高気密外断熱の家の注文住宅を専門に手がける「SANKOの家」

 


「藤井の家」スタートです。

「SANKOの家」丹生昌憲(にぶ まさのり)です。

 

「藤井の家」新築工事がいよいよスタートです。

いろいろな制約がありながら1年越しで計画を進めてきた現場だけに、私達も御施主様ご家族も意気込みます!

N様邸かかり2大きな敷地に既存建物に門塀。先ずは何処から壊すか??門塀の切り離し等、解体屋さんが入る前段階の納まりを御施主様と藤原棟梁が最終協議を重ねております。

N様邸かかり3既存宅に載せてある太陽光発電の移設等も併用して打ち合わせを行いながら、永く住まわせて頂いた解体する家を前に哀愁に浸りました。

n様邸かかりそして、現在あるいろいろなモノを移設する為のスペースを別棟倉庫内につくり始めた藤原棟梁です。 藤原棟梁の作業完了後に、電気及び水道の処理をして、月末から解体屋さんが入り本格的な解体工事となります。

次は完成をイメージさせる模型を掲載しますので、楽しみにお待ち下さい。(( ´∀`)

 

岡山で太陽光発電と超高気密外断熱の注文住宅を専門に手がける「SANKOの家」


断熱材も重要です。

SANKO 丹生昌憲(にぶまさのり)です。

5月です。。急に暑くなりました。。私、にぶ のスタイルは早くも半袖です。(^O^)

本日は断熱材について語らせて頂きます。

断熱材と言っても、グラスウール ロックウール セルロース ポリスチレンフォーム ウレタンフォーム フェノールフォーム 等 いろいろ有り、特性も様々です。

断熱材は厚けれなイイというものでもなくて、材種により断熱性能、結露や劣化収縮、火災、価格等。。問題は山積しております。どの断熱材をどの部位にどのような施工を施すかが、重要だと考えます。

☆熱伝導率で比べると 
フェノールフォーム         0.019W/m・K
硬質ウレタンフォーム2種2号   0.024W/m・K
押出ポリスチレンフォーム3種   0.028W/m・K
住宅用ロックウール         0.038W/m・K
ビーズ法ポリスチレンフォーム3号 0.040W/m・K
住宅用グラスウール10K       0.050W/m・K

一番熱伝導率が低い(断熱性能が高い)のがフェノールフォーム。

☆結露に強いのは
フェノールフォーム、硬質ウレタンフォーム、押出ポリスチレン、等のプラスチック系断熱材。

☆劣化収縮に強いのは
フェノールフォーム、ロックウール、グラスウール。

☆火災に強いのは
フェノールフォーム、ロックウール、グラスウール。

高性能で結露、劣化収縮に強くて、火災に強いのがフェノールフォーム。。
しかし、イイこと尽くめではない。。他断熱材に比べて価格が割高。。

フェノバボード60mm私達 SANKOの家 では フェノールフォーム で家全体をスッポリ覆う外断熱工法で家を建てさせて頂いております。高性能で結露、劣化収縮強く、燃えにくい。しかも柱間断熱(内断熱)でおきる熱欠損がおきません。そう、外部から家を守る、まさにシェルター。。( ´∀`)
GE DIGITAL CAMERA↑フェノールフォームで外側から包まれた玄関先。

GE DIGITAL CAMERA↑フェノールフォームで家全体を貼り終えた様子。

私 にぶ が持っている断熱材で厚さ60mmです。この厚みで壁も屋根も仕上げると効果的ですが。。価格は高い。。しかし、建築時にコストをかけておくと住んでからの冷暖房費がグッと節約できますし、家全体をスッポリ断熱することでヒートショックが起きにくく家全体が一定の温度に保たれます。どれだけ体に優しいか。。(=´∀`)

※(ダブル断熱でフェノールフォーム厚を薄くできる方法もあります、劣化しない気密工事が出来ていることが前提となります。)

長く家族と住まう家、建築費も重要ですが。。経済性や健康面も考慮するとどちらがお得か?? アナタならどう考えますか。。

これからの住まいづくり勉強会開催します 5/24(土)5/25(日)

ネットゼロエネルギーハウス支援事業補助金350万円・住宅のゼロエネルギー化推進事業165万円 受付中!

岡山で太陽光発電と高気密外断熱の注文住宅を専門に手がけるSANKOの家


窓が大切です。

SANKO 丹生まさのり です。

GWも終了し気候のイイ時期となりました。
さて、我社が採用しております外部建具が3月末にモデルチェンジとなりました。
性能は然ることながら枠が細くなりデザイン性も向上した様です。

我社にもサンプルの窓が来ました!

外部建具の性能は窓の断熱性能(熱貫流率)によって表示されております。

シャノントリプル 熱貫流率 1.23W/㎡・K 北欧フィンランドでも使える世界基準の窓となっております。

因みに。。 
一般的に使用されている アルミ樹脂複合窓LOW-Eガラスタイプの窓は 2.33W/㎡・K 
どう言う事かと簡単に説明しますと。。
例えば、米国ニューヨーク州で家を建てるとき。熱貫流率1.98(W/m2・K)以下の窓を使うことが義務付けられています。省エネ商品推奨品についているエネルギースターマーク付きの窓だと、さらに厳しい1.48(W/m2・K)以下と、なかなか厳しい水準です。北欧フィンランドの基準はもっと厳しく1.4(W/㎡・K)となっております。

シャノントリプルもっと簡単に言いますと、世界の先進国では日本で一般的に使用されているアルミと樹脂の複合窓では、世界基準には程遠い訳です。

では、どうして窓の性能が大切かと申しますと。。
健康面では結露が発生しない、ヒートショックを防ぎ快適になります。
経済面では熱ロスが少ないので、冷暖房費をグッと抑えます。(シャノンHPでは年間8.5万円得するそうです)

そう言うコトで我社は今後、シャノントリプルを標準採用 とします。シャノンダブルから比べると建築コストはその分UPしますが、健康面と経済面、またエコを考えると十分建築主さまにはメリットがあると考えますが。。如何でしょうか。((=´∀`)

岡山で太陽光発電と高気密外断熱の注文住宅を専門に手がけるSANKOの家


高気密高断熱、高気密外断熱住宅 専門店

岡山県南を中心に高気密高断熱、省エネルギー、太陽光発電で快適な住まいを提案する地元工務店です。

〒700-0821 岡山市北区中山下1-7-16 086-235-5333