このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

株式会社SANKO – 岡山県南を中心に高気密高断熱、省エネルギー、太陽光発電で快適な住まいを提案する地元工務店です。

高気密高断熱 岡山 注文住宅
お問い合わせ/高気密高断熱住宅

高気密高断熱住宅の上手な住まい方 / 株式会社SANKO

高気密高断熱住宅の上手な住まい方/高気密高断熱 住宅

  • 基本的に窓は開けずに生活しましょう。
    (気分的に天気のいい日など窓を開け放ちたいと思いますが、窓を開けずに24時間換気システムを作動していたほうが家中の空気はきれいに保てます。)
  • 冷暖房は春秋は消してもいいですが、夏冬はエアコンは付けっぱなしにしましょう。
    (付けたり消したりをする方が電気代がかかります。)
  • 夏は日射をさえぎるようにしましょう。
    (太陽熱を取り込んでしまうと断熱性能が良いため暑く感じます。遮光カーテンやロールスクリーン、外付けブラインド、植物による緑のカーテンなどを上手く使いましょう。)高気密高断熱住宅の上手な住まい方/高気密高断熱 住宅
  • 冬は逆に日射を取り入れるようにしましょう。
    (パッシブハウスの考え方です。太陽の熱が床や壁に蓄えられ、その熱を室内に輻射しやわらかい暖かさが続きます。)
  • 開放型の石油ストーブやガスファンヒーターは使わないでください。
  • 冬の乾燥には、お風呂の浴槽に水をはったままにして開放しておいたり、観葉植物を置いたり、素敵な器に水をはったりしてみてください。高気密高断熱住宅の上手な住まい方/高気密高断熱 住宅
  • 24時間換気システムは常に作動させておいてください。
    (その方が電気代も安いです。)
  • 24時間換気システムの給気フィルターはこまめにお掃除しましょう。
    (3か月に一回程度が目安です。)
  • 温湿度計を置くようにしましょう。
    (デジタルタイプはお薦めしません。)高気密高断熱住宅の上手な住まい方/高気密高断熱 住宅
  • 外出するときのエアコン設定は冬は18℃、夏は28℃にしましょう。
    (電気代の節約のためです。)

気候の良い4~5月、9月下旬~11月上旬は、エアコンを止めていただいてもいいのですが、その他の時期は家にいてもいなくてもエアコンのスイッチは入れたままにしてください。

温度設定を抑えてエアコンを入れっぱなしにすることで、壁や床に熱が蓄えられ、その輻射熱で夏は涼しく、冬は暖かく感じられます。外出するたびにエアコンのスイッチを消すと、夏は壁や床が温まって、冬は冷えてしまい、帰宅してエアコンをつけると快適な温度になるまで毎回大きなエネルギーをエアコンが使うことになります。そうなると電気代も無駄ですよね。

性能の高い高気密高断熱の家は、魔法瓶のような構造ですので24時間エアコンをロー運転して快適な温度を保つようにすれば、電気代もグッと抑えられます。

高気密高断熱、高気密外断熱住宅 専門店

岡山県南を中心に高気密高断熱、省エネルギー、太陽光発電で快適な住まいを提案する地元工務店です。

〒700-0821 岡山市北区中山下1-7-16 086-235-5333