外断熱

スタッフブログ

2021.04.05

知っていますか?内装材のアレコレ

内装材について気にしたことがありますか?

意外と知らない、壁の違い

壁。その一文字に様々な意味が込められるこの言葉、住宅においては文字通り風よけの役割を果たします。

しかし現代の家において壁とは、ただ風を防げさえすればいいというものではありません。

壁に求められるものは少しずつ変化しています。

風よけはもちろん、気密性、断熱性、防音性…。

でも、本当にそれだけでしょうか?

壁とは家が建ってから私たちが死ぬまで、一生付き合っていくもの。

今回はその壁の種類についてお話します。


壁の種類

家の中の壁には大きく分けて2種類あります。

「自然素材」のものか、「そうでない」ものか。

細かく挙げればたくさんあるので、その中でも代表的な2つをご紹介します。

・ビニールクロス

ビニールクロスはポリ塩化ビニール樹脂でできている壁紙です。
ポリ塩化ビニールをシート状にして、紙で裏打ちしてあります。

様々な模様の物や凹凸がある物もあり、非常にバリエーションに富んだ壁紙です。

このビニールクロスのメリットとデメリットを挙げてみましょう。

・メリット

ビニールクロスの最大のメリットはやはり、安価である点でしょう。シンプルで量産されているものならば施工費用を少しでも抑えることができます。

デザインが非常に豊富であるという点も魅力的です。何もない真っ白な空間で遊ぶより、壁紙一枚でデザインを出せるのであれば手軽で良いですね。

また、施工が楽という点もあります。

日本古来の土壁などは技術が必要なため、左官さんにしかできない仕事です。

しかし、ビニールクロスであれば誰でもでき、かつ工期を短くすることができます。

建てる側からしても、一件の工期を短く抑えられるのは施工棟数が増やせるのでありがたいことです。

お施主様も施工側も助かる材です。

手入れも楽で様々な機能を持つものもあるので、目的に合わせて貼ることができます。

・デメリット

いいことづくめなビニールクロスですが、もちろん欠点もあります。

まずビニールクロスは長持ちせず、15年程で(早い場合は10年程で)貼替の時期が来てしまいます。

黄ばんだり継ぎ目が剝がれてきたりするので、張り替えないという手もなかなか打てません。

また、独特の臭いがあるので敏感な人は苦手でしょうし、アレルギー物質も含まれていますのでアレルギー体質の方には少々辛いものです。

通気性や調湿性も無いのでカビやダニが発生しやすいので、お子様にもあまり良いとは言えないでしょう。

更に手入れが楽な分補修は難しいので、部分的な補修はまずできません。

最大のデメリットはホルムアルデヒドです。

シックハウス症候群という病気を聞いたことがあると思いますが、これはこのビニールクロスに使用されている塩化ビニルから発せられるものです。

この塩化ビニルから発生する有害物質はホルムアルデヒドだけではないので、これだけ抑えられていればいいというものでもないというのが難点です。

 

・漆喰(しっくい)

漆喰は水酸化カルシウムを主材料とした壁材です。

水酸化カルシウムとは消石灰に水を加えたもので、この消石灰は石灰岩や貝灰などから作られます。

そこに更に海藻(フノリ)や麻すさ(麻の繊維)を混ぜ合わせて作成します。

壁に貼っていくビニールクロスに比べて、こちらは壁に塗っていくものになります。

自然素材の物なので健康を気にされる方にはお勧めの材です。

では、こちらのメリットデメリットを見てみましょう。

・メリット

しっくい壁のメリットはまず調湿性です。

「呼吸する壁」と言われるほどで、湿度の高い状態だと余分な水分を吸い取り、逆に湿度が低くなると水分を放出します。

この性質は漆喰に空いた無数の穴によるもので、この多孔性により空気を吸ったり吐いたりするのでカビやダニが発生しにくく、お子様がいるご家庭や敏感なご夫婦にはこちらの方が健康的に暮らせるでしょう。

また漆喰は意外と燃えにくく、耐火性に優れるので不燃材料としても建築基準法で認められています。

更にこれは私たちもお客様からよく聞かれるのですが、お手入れが楽なのもメリットの一つです。

無垢床などもそうですが、漆喰などの自然素材はお手入れが難しいのでは?というお声をよくいただきます。

しかし皆さんが思っているよりもずっと漆喰は優秀です。

汚れにくく劣化しにくいので塗った当初のまま保たれます。

また、静電気を貯めこまない性質を持つため埃やごみが付きにくく、万が一汚れてしまったとしても上から薄く漆喰を塗ってしまえば全く問題ナシです。

・デメリット

そんな漆喰にもいくつかデメリットはあります。

まず、施工が難しい点。ビニールクロスの所でも記載しましたが、塗り壁は施工が難しく左官さんでないと塗ることができません。

また、塗るのに手間がかかるのでその分工期も長くなります。

ビニールクロスに比べて施工費も高いので、建築費用が高くなる傾向もあります。

丁寧な施工をすることによって防ぐことはできますが、ひび割れの心配もあります。

ただ、地震などの施工後の揺れによるひび割れはビニールクロスも漆喰も起こるので、そこまで心配する必要はありません。

そういう可能性もある、という事です。


ビニールクロスが広まっている理由

上にあげたように、ビニールクロスにも漆喰にもメリットデメリットがあります。

しかし現代ではビニールクロスの割合が圧倒的に多いです。

皆さんのお知り合いで新築を建てた方でもビニールクロスを貼っているお家はありませんか?

なぜ、ビニールクロスがこんなに使われているのでしょうか。

それはつまり、上記で挙げたようなメリットばかりが取り沙汰された結果でしょう。

デザインの種類が豊富で、施工も簡単。さらに安いとなればそれは誰もが魅力的に感じるでしょう。

そしてそれが広まった結果、シックハウス症候群が社会問題になるという結果を生んだわけです。

壁紙が絶対に悪いわけではありません。価格や施工費など、魅力的な点もたくさんあります。

しかしそのお家が本当の意味で住む人のためになるのか…今一度考えてみた方が良い問題かもしれませんね。


SANKOで漆喰を選ぶ理由

SANKOでは全棟漆喰を使用しており、ビニールクロス類の壁紙は一切使用していません。

その一番の理由は上記で挙げたような「健康に寄与する」面にあります。

壁紙の主原料は塩化ビニル。これは本来非常に硬いものです。

これに可塑剤というものを加えて、紙のように柔らかく仕上げるのです。

この可塑剤とは酸とアルコールから合成される化合物(一般にエステルといわれるもの)であり、更に細かく言えば酸では、フタル酸、トリメリット酸、アジピン酸などがあり、またアルコールではオクタノール、イソノナノール、高級混合アルコールなどといったものを主に使用します。

なんだか学生に戻るような気持ちですが、つまりそれだけの酸やアルコール類を様々に組み合わせて作る化合物なのです。

また、可塑剤は揮発するため目に見えないところでその物質が漂っている状態になります。

それだけのものが壁紙を作る際に使われており、かつそれを下地に貼り付けるために接着剤を用い…様々な薬品によって作り上げられる部屋。

しかもそれが室内の空気中に出てくる…文章で読むだけでもあまり体に良くなさそうといった印象を受けますね。

印象だけでなく、実際にそれが社会的な問題になったこともあるのですから…その影響は明らかです。

もちろん特に気にならない方もいますし、影響をあまり受けない方もいるかもしれません。

しかし自分がそうなのかそうでないのか、なんて分からないですよね。

幼い頃から感じていた体調の違和感が実は壁紙によるものだった…その可能性も否めません。

漆喰は飽くまで自然素材から作られる壁材で、その原料も石灰岩や貝殻、麻、漆喰の種類によっては藁や海藻を使ったりなどなど…古来から私たちの身近にあったもので作られています。

また、壁紙は15年~20年程度で張り替える必要がありますが、漆喰は一度塗ってしまえば張り替える必要はなく、さらに少々汚れてしまっても、住んでいる人の手で補修ができるので、業者へ外注する必要がありません。

全面漆喰を塗り直すというのであれば左官屋さんに入ってもらう必要があるかもしれませんが、普通に住んでいてその必要性があるかというと・・・滅多に無いでしょう。

そういった健康的な面や住んでからの手入れやリフォームの必要性等も考慮し、住んでいる方の負担が最小限になるような材を選んで家づくりをしています。

以上をふまえると、漆喰は非常に優秀な材と言えるでしょう。


漆喰を体感してみよう

SANKOでは壁も天井も全て漆喰塗りをしています。

モデルハウスでもその壁・天井を体感いただくことができます。

是非一度モデルハウスへご来場いただき、その漆喰の優秀さを知ってください。

漆喰と無垢材が織りなす快適な空気感をぜひ体感してください。

完全注文住宅兼社長宅のモデルハウスのご予約はこちら。

お問い合わせフォーム

規格型住宅「HARE-晴-」 Hプランのモデルハウスのご予約はこちら。

HAREモデル予約フォーム