外断熱

スタッフブログ

2021.07.06

外断熱工法って知ってますか?

外断熱工法ってどんな工法?

最近、再注目を浴びている外断熱工法。

マニアックに家づくりの勉強をする方に選ばれながら、だいぶ前から施工は行われていました。

私達SANKOもそのうちの一社としてこだわった施工を行っています。

ではここで疑問が一つ。

外断熱ではない工法って何だろう?・・・という事です。

以前にも少しお話しましたが、今回はもっと具体的に見てみましょう。

外断熱工法とは?

端的に言えば壁の内側ではなく、外側に断熱材を貼る工法です。

柱(構造材)の外側に断熱材を貼ります。

下の図のように外断熱工法では、柱が外部の熱や水蒸気に曝されないので柱を伝って熱が家の中に入ってこないのがメリットの一つです。

内断熱工法と外断熱工法の違い。熱や水蒸気の出入りに注目しよう。

内断熱工法(充填断熱工法)は柱と柱の間に断熱材を貼ります。

方法としてはグラスウールやロックウール、セルロースファイバー、発泡ウレタンフォームなどなどを内側に貼っていきます。

そのため柱が外気に曝されやすく、夏は湿気により膨張、冬は乾燥により収縮し、最初は柱に密接していた断熱材と柱との間に隙間ができてしまいます。

それにより、最初は完璧に作られていた気密は壊れてしまいます。

外断熱工法の場合、断熱材で柱ごと囲ってしまうので水蒸気等の入る余地もなく、また柱が外気に曝されることも無いので常に構造が守られている状態です。

この状態では気密も保たれたままです。

では、他にどんなメリットがあるでしょうか?

外断熱工法のメリット

・熱橋が無い

まず何と言っても、上で挙げた「柱を伝って熱が出入りしない」ことです。

熱橋という言葉をご存じでしょうか?かっこよくヒートブリッジなんて呼んだりもします。

これは読んで字のごとく「熱の橋」で、壁の中と外の温度を橋のように渡している状態の事を指します。

これがなぜ起きるのかというと、柱が外気と隔たれていないためです。

外壁材は断熱性能がありません。だからどんな家も断熱材を入れて断熱しています。

その断熱材で覆われていないものはどうなるでしょうか?

外気の影響を受けますよね?

そうなんです。柱は外の気温と同じように暑くなったり冷たくなったりするのです。

そうなると、室内側の壁も同じように温度が変わりますよね。

外気と接している外壁材。に、接している柱の温度が変わるのですから、その柱と接している内壁も当然温度が変わります。

夏は外の熱い温度を家の中に、冬は外の冷たい温度を家の中に。

まさに、夏暑く冬寒い家の出来上がりです。

これを防ぐのが、外断熱工法です。

外気から柱ごと、家全体を断熱材で隔てる。

そうして家の中から外へ、家の外から中へ温度が行き来するのを防いでいるのです。

・性能の劣化を緩やかにする

どんなものも、いつかは劣化します。

いつかは必ず朽ちてしまいます!

それはどんなものでも、生き物でも同じですよね。

例えば最近の夏はものすご~く暑くなったり、冬もびっくりするぐらい寒くなったりしますし、そんな少しのストレスも続けば劣化の原因になります。

また、生き物であれば細胞分裂を繰り返すことで成長・劣化していきます。

そうして、全てのものはいずれ劣化していくのですが、それは性能も同じです。

スマホやオーブンレンジの家電類も、いつまでも購入当時のままの性能を持ち続けているわけではありませんよね。

家の性能も同じように劣化していきます。

例えば湿度によって膨張・収縮を繰り返す構造材だったり、太陽光に曝されて灼けていく外壁や屋根だったり。

様々な要因でそのスピードは速くなったり遅くなったりします。

外断熱工法はその様々な要因から家を守り、性能の劣化を可能な限り緩やかにします。

外気から柱(構造材)を守るのもそう、気密を高めて隙間を減らすのもそう。

家に住む人が快適に暮らせることが一番ですが、それによって家自体も守ることができるのです。

・壁内結露が起きない

上で挙げたように、内断熱工法で柱が外気に曝されて温度が変わると、壁内の「室内と同じ温度」に触れます。

例えば冬、外の冷たい空気にさらされた柱が、家の暖かい空気に触れていた壁と隣接するとどうなるでしょう。

そうですよね、結露しますよね。

キンキンに冷えたコーヒーが美味しい激アツの夏では、コーヒーの入ったコップは水滴がたくさんついていると思います。

それと同じ現象が壁の中で起きるのです。

コップについた水滴は拭えば良いのですが、壁内の水滴は拭うことができません。

また、一度液体に戻った水蒸気が再度気体の姿を取り戻すには、水自身が100℃になる必要があります。

行き場を失った水滴は壁内にとどまり続けます。

常に湿度の高い場所、風通しが悪く排水もない場所。

それが迎える末路は、カビ、腐敗です。

カビが広がると、人体に影響を及ぼします。

腐敗が広がると、家に影響を及ぼします。

つまり、結露が起きる家では着々と構造体にダメージを蓄積させているのです。

また、腐りはてた断熱材はその性能はおろか、そのまま壁内にとどまっていることも難しい状態までになることもあります。

そうなってしまうと、耐震などの家の寿命が尽きてしまうのです。

壁内結露を起こさないことが性能の劣化を防ぎ、家の寿命を延ばすことに繋がるのです。

外断熱工法のデメリット

メリットがあればデメリットは当然あるもの。

あんなに良い事だらけだった外断熱工法もデメリットがあるの?とお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

では、見てみましょう。

・重たい外壁は使えない

柱の外側に厚みのある断熱材を持ってきて、その外側に更に外壁を貼る。

そうなると、外壁の厚みは結構分厚くなります。

外壁はなるべく軽い材にしておかないと、家にとって負担が大きくなってしまいます。

そのため、タイルなどの重たい材を使う予定の方には、おススメできないのです。

・コストが高い

家の全体をぐるっと断熱材を張巡らせます。

その分、材料を使うので費用も比例して上がっていきます。

外断熱工法はハイスペックな工法ですが、金額も一緒にハイになってしまう・・・そんな工法です。

・施工が大変

外断熱は、断熱材を貼れば完成!・・・というわけにはいきません。

施工には実績とスキルが必要になりますので外断熱工法を希望されている方は、その会社がどんな工法をしているのか?どんな材を使っているのか?よく観察して見極める必要があります。

SANKOが外断熱工法を採用している理由

気密の時もお話ししましたが、快適な家は気密性だけで作る物ではありません。

断熱も気密もどちらも必要です。

ではなぜ私達SANKOではその快適な家にこだわっているのでしょうか。

その理由は2つ。

①お施主様ご家族の健康を守るため

②性能の劣化を防ぎ家の寿命を延ばすため

この2つに徹底してこだわっているので、高い性能値を叩き出すことができるのです。

お客様に快適で健康的な暮らしを送ってほしい。

その一心で外断熱工法を採用しているのです。

SANKOが外断熱工法を採用できる理由

デメリットを紹介したところで「施工が大変」とお話ししました。

外断熱は、ただ家の外側に断熱材を貼ればいいというものではありません。

断熱を高めると共に気密も高める必要があるからです。

そのどちらをも含めて「外断熱」というのです。

SANKOではこれまで何棟も外断熱住宅を建設してきました。

その実績と技術がある、素晴らしい大工がSANKOにはいるのです。

だからこそ、ここまでこだわった施工ができるのです。

性能一辺倒、そこにこだわり続けたSANKOだからこそ実現できる「快適な家」なのです。

外断熱工法が標準装備のSANKOの家を是非見に来てください。

実際に外断熱住宅がどんなものなのか?というのはただ説明されても分からないですよね。

SANKOではモデルハウスの見学をしていただくことができます。

また、それとは別に「気密・構造見学ツアー」というものも実施しています。

実際に建てる大工さんと一緒に、家の構造や気密測定の様子を見学していただくことができます。

大工さん一人一人のこだわりや、気密測定士さんの濃~いお話を聞きたい方はぜひご参加ください。

イベント情報は当ブログにて随時お知らせしています。

(※真剣に高性能住宅を検討している方限定)

イベント予約からご予約ください。

モデルハウスの方も予約制で見学していただけます。

ご予約は下記のリンクから受け付けています。

完全注文住宅兼社長宅のモデルハウスのご予約はこちら。

お問い合わせフォーム

規格型住宅「HARE-晴-」 Hプランのモデルハウスのご予約はこちら。

HAREモデル予約フォーム

私たちは高性能な家づくりに誇りと自信を持っています。

その性能を体感しにお越しください。