家を長持ちさせる暮らし方

快適で健康に暮らせる家を守るための、省エネで心地よい暮らしのポイントをまとめています。
OB様向けの情報はこちらで発信していきます。ぜひ参考になさってみてください。

SANKOの家の暮らし方 SANKOの家の暮らし方 SANKOの家の暮らし方
「窓は開けない」が基本です

基本的には窓は開けずに過ごしましょう。24時間換気システムを作動させておけば、窓を開閉するよりも家の中の空気はきれいに保てます。

夏冬の冷暖房は、ロー運転&付けっぱなしでOK

つけたり消したりを繰り返すたびに、余計な電気エネルギーがかかります。ロー運転でつけっぱなしにしておけばコストも抑えられ、最適な室温を保てます。夏は28℃、冬は18℃でOK。

夏の直射日光は遮りましょう

断熱性が良いSANKO の家では、直射日光が当たると暑く感じてしまうことがあります。遮光カーテンやロールスクリーン、植物などによる緑のカーテンなどをうまく取り入れてみてください。

冬は日射を取り入れましょう

太陽の熱が床や壁に備蓄され、その熱が室内に優しく暖かく広がります。自然のエネルギーもうまく取り込みながら、省エネにも貢献できます。

開放型の石油ストーブやガスファンヒーターはNG

気密性の高い住宅なので、ファンヒーターを使うと二酸化炭素が充満してしまいます。蓄熱性が高いので、エアコンの暖房(ロー運転)で十分温まりますよ。

グリーンや花瓶も活用してみましょう

冬の乾燥対策には、観葉植物を置いたり、水をはった素敵な器などをインテリアに加えてみてください。お風呂のお水をはったまま開放しておくのも効果があります。

無垢材は、傷も含めて経年の変化を楽しみましょう

無垢材は本当にメンテナンスいらず。いい状態を保ちたい方は、年に一度自然オイルで塗装すると良いでしょう。傷ができて気になる方は、木の収縮性を活かして、傷の部分に水をかけてアイロンを当てて目立たなくさせるという方法も参考に。でも、家族と暮らしていたら傷ができて当たり前。一緒に変化を楽しめたらいいですね。