外断熱

新着情報

2013.03.13

解体工事も終盤

こんにちは。SANKOの丹生恵子です。
今日は暖かいですが久しぶりに午後から雨模様。。。

【山崎の家】はいよいよ解体工事も終盤に差しかかり、基礎の解体をしています。
数日できれいに整地し、日曜日には地鎮祭です。
お隣との境界のブロックが傾かないよう気を付けてコンクリーを壊していきます。

基礎解体3

 

 

 

 

 

(写真は昨日の工事の様子です)

卒園式を明日に控えたノリタロウですが、
転んで、ヒザや目の付近を軽くケガしてしまいました。
ま、大けがでなくて良かったですが・・・
そして、帰ってからは事務所で投げゴマを楽しんでいました(^^)
出来ないときは誘ってもなかなかやろうとしなかったのに、
出来るようになると楽しくて仕方ないのでしょうね。
何度も何度も繰り返しコマを回して喜んでいます。
幼稚園では先生にたくさんの事を教えていただきました(^^)
明日の卒園式はきっと涙・涙です。。。

こま

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013.03.12

マンションリフォーム工事初日

本日からOBの御施主様からご紹介頂きましたKW様邸マンションリフォーム工事がスタートしました。

工事内容は、
①和室撤去しLDKを広げる
②床カーペット、フローリングを無垢フロアーに全貼り替え
③壁紙の貼り替え
④襖及び畳の表替え及び建具調整
⑤脱衣場床補強と洗濯パンの取替え

kwマンションリフォーム初日打合せ風景お住まいながらの工事となるため、どの部屋から工事を進めるかと本日の仕事内容を仕事に掛かる前に詳しくお施主様にご説明及び打合せをします。御施主様は今日からの工事をホントに楽しみにしておられた様で、終始笑顔で暖かく対応して頂き、有難かったです。(^-^)

また、高層分譲マンションですので、管理人さんへの御挨拶と資材の荷揚げ搬入口の打合せもさせて頂きました。
(前もって近隣の方には管理人さんの指示により回覧でお知らせをしております)
工事時間も9:00~17:00(土曜日日曜日祝祭日はお休み)と区分所有建物には制限があります。

今日の作業は藤原工事担当と小野棟梁で養生及び解体工事からスタートとなりました。
以上、丹生まさのり

 

岡山で太陽光発電と高気密外断熱の注文住宅を専門に手掛ける SANKOの家

2013.03.11

SANKOの家に興味を持ってくださった方へ・・・

【SANKOの家】ってどんな家?
高気密・外断熱の家ってどんな家?
快適・省エネ・結露なし・・・ってどうして?

家を建てる前には家づくりの勉強をおススメします。

大切な家族を守る家、あなたは家に何を求めますか?

家について学びたい、高気密・外断熱住宅について興味があるという方は
すぐにご連絡ください。

私どもは、長年家を建てさせていただいた経験から、
お客様にとって「高気密・外断熱の家」が一番いいと考え、お一人でも多くの方に
「高気密・外断熱の家」の良さを分かっていただきたいと切望しています。

お客様のご都合のいい日にご予約を入れていただき、
後日専門家が丁寧に説明をいたします。

少人数スタッフでご縁のあったお客様の家だけを丁寧に建てさせていただいております。
アットホームな会社ですのでお気軽に何でもご相談いただけます。

※しつこい営業行為は一切いたしませんのでご安心ください。

打ち合わせ4

 

 

 

 

 

お申込み・お問合せはコチラ

高気密・外断熱の家、注文住宅、リフォームの 株式会社SANKO
SANKO社長ブログ
SANKOスタッフブログ

2013.03.11

太陽光発電研修ソーラーフロンティア

おはようございます。
先週は藤原と共に2泊3日の太陽光発電「ソーラーフロンティア」研修に参加してまいりました。
太陽光発電は一昨年から当社にて取り扱っておりましたが、施工については外注扱いでした。
いろいろあり施工の品質保持を図る為に販売から施工、メンテナンスまで一貫してSANKOにて
行える体制をつくるのが目的です。
太陽光発電設置工事をする為には各社のIDを取らなければ施工することが出来ません。SF1
ソーラーフロンティアの太陽電池(CIS)は他メーカーと比べて大きく違うのが、結晶シリコン系ではなく薄膜系CISであることです。
薄膜系は日本独自の技術で採用している会社はソーラーフロンティア社とホンダソルテック社2社のみです。
CISの特徴は
①高温時出力ロスが少ない。(CISは結晶系に比べて温度係数が高いため高温時の出力ロスを小さく抑えられる)
②部分的な影の影響が少ない。(モジュールの一部に影ができると結晶シリコン系はモジュール全体の発電量が大きく低下するが、CISは安定した発電力を発揮する)
③太陽光に当てると実際の出力がUP。(初期設定値より出力が上がるという性質が暴露試験の結果で得られている)

しいて難点を上げればモジュールが大きいので一般家庭で全量買取指数となる10KWオーバーは難しそう。
SF3

 施工について
研修にはいろいろな地域から工務店は勿論、屋根屋さん、電気屋さん、ガス屋さんなど多数参加されており中には異業種から新規で参入と言う方も。太陽光発電はまだまだブーム??だそうです。

SF4

設置方法は
既設の屋根設置の場合、屋根垂木にビス固定となります。
工事依頼先は家を熟知した専門家に依頼するのがベターだと思います。
理由①雨漏りの原因になりやすい。
理由②住宅の性能(気密断熱)を損なわない為。
建築の構造を熟知した大工棟梁が指示を出し屋根屋さんと電気屋さんがタッグを組むのが理想系でしょう。

と言うことで、SANKOは太陽光発電を販売から施工まで全て自社で行います。窓口は 丹生まさのり 工事担当は 藤原あきひろ となります。お気軽にお問合せ下さい。(笑顔)

 

2013.03.07

ゴミの分別も大変です。

こんにちは。SANKOの丹生恵子です。今日も暖かい一日になりそうですね。
今日でノリタロウはお弁当が最後になります。小学校に入ったら給食。
親としては楽になるけれど、
子どものためにお弁当を作ってあげられる機会もグッと減ってしまうんだな~なんてしみじみ。
小さな紙にメッセージを添えました。
「いままでママのつくったおべんとうをきれいにたべてくれてありがとう。」

そして、今日の【山崎の家】の現場はこんな感じでした。

2013.3.7解体 サッシ ボード 鉄ゴミ ブロック 内部

だいぶ解体は進み敷地内にはサッシ・鉄・木・ブロックなど
分別されたゴミが山になっていました。
大工がひとつひとつ手作業で解体するのは大変ですが、きちんとゴミ分別ができ、
またご近所様にかけるご迷惑が最小限ですみます。
ご近所の方から「丁寧な仕事をされていますね」と、お施主様にお褒めの言葉があったとか(^^)
工事期間中はどうしてもご近所の方々にご迷惑をおかけしてしまうので、
大工たちはその辺りの配慮も大切です。
今日はこれから内部の大きな梁を撤去するそうです。
安全第一で頑張りましょう~!!