ゼロエネルギー住宅・ZEH

ゼロエネルギー住宅・ZEH

高性能住宅は本当に高い?

これからのスタンダード「ZEH(ゼッチ)」

ランニングコストが抑えられる

ZEHビルダーとして5つ星評価を取得

近年、ゼロエネルギー住宅/ZEH(ゼッチ)が注目されています。
ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。「正味エネルギーがゼロの家」という意味です。

家の性能をあげることで、年間に消費する冷暖房や照明などのエネルギー消費量を抑え、さらに太陽光発電などによってエネルギーを創る。
これにより、エネルギー収支をゼロ以下にすることを目指す住宅のことです。

ゼロエネルギー住宅・ZEH

ZEHが盛り上がりを見せる背景には、家庭でのエネルギー消費量が急増し、国内全体のエネルギー消費量を圧迫するようになったことが関係しています。
家庭単位での省エネルギー化が促進できれば、国内のエネルギー問題解決にも貢献できるというわけです。

こうした状況を踏まえ、政府は「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指す」とする政策目標を掲げました。

家の性能をあげ、無駄なエネルギー消費をなくし、コストを節減する。ZEHは、これからの住まいの当たり前になっていくでしょう。

ZEH建築には初期費用はかかりますが、光熱費などのランニングコストを抑えられるので、長い目で見れば十分に補うことが可能です。
また、今ならZEH補助金制度も活用できるメリットもあります。

SANKOでは、ZEH、Nearly ZEHの家になります。

ZEH普及目標

SANKOはZEHの普及に向け、下記の通り2020年度までのZEH普及目標値を設定しています。

平成28年度
(2016年度)
平成29年度
(2017年度)
平成30年度
(2018年度)
令和元年度
(2019年度)
令和2年度
(2020年度)
ZEH受託率 50% 60% 70% 80% 80%
Neary ZEH受託率 50% 40% 30% 20% 20%

受託率目標は、2016年より、ZEH、Zeary ZEHともに100%達成を継続中です。

SANKOはZEHビルダー5つ星評価

株式会社SANKOは、ZEH相応の性能を早期より実現し、2016年よりZEHビルダーとして登録されました。ZEHビルダーとしては、5つ星の評価をいただいています。

ゼロエネルギー住宅・ZEH